読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It is no use crying over spilt milk.

ドールとか写真とかツーリングとか雑多

Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N

ふと思い立ってVoigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII Nを購入してしまいました。
f:id:AliceSheila:20160604004814j:plain:w500

手持ちの標準域レンズ

現在わたしは以下の標準域単焦点レンズを所持しています。

  • SEL55F18Z Sonnar FE 1,8/55 ZA
  • AI Nikkor 50mm F1.4S
  • MC ROKKOR-PF 50mm F1.7

なんでこんない似たような焦点距離のレンズばっか持ってるのでしょうか。わたしにもわかりません。
ただ、一つ言えることはわたしはこのあたりの焦点距離が好きなのでしょう。D3100使っていた時も50mm換算52.5mm単焦点レンズ使ってましたし、身体がこの画角を求めているのかもしれません。

そこにさらに標準域レンズを増やす

そんな中、ふらふらとネットサーフィンをしていると、コシナのページにたどり着いてしまいました。
そこで見つけるVoigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N。そのまま流れるようにフォトヨドバシで実際の作例を見ていくと…あれ、これ良いんじゃないか…?
そんなことを思い、適当に価格.comとかブログとかでレビューを見ていくと、更に欲しくなります。気づくとわたしはカメラ屋の在庫を調べていました。
マップカメラやカメラのキタムラヨドバシカメラなどでは在庫がなくなってしまっていたのですが、なんとか中野のフジヤカメラさんに在庫があったので購入。
税抜き38800円でした。
 

試し撮り

さて、そんなわけで実際に試し撮りです。現在わたしの所持するFマウントのカメラはフィルムカメラしかないので、α7iiにアダプタ経由で取り付けて撮影。
オリジナルサイズはこちら。
Nokton試し撮り - 写真おきば。
 
買ったその日にこらえ切れずにその場でカメラに取り付け、フジヤカメラ付近にあった提灯で、適当にf値を変えて試し撮り。
f:id:AliceSheila:20160605233011j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/1.4, 1/320, ISO200)
f:id:AliceSheila:20160605233012j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/2, 1/320, ISO200)
f:id:AliceSheila:20160605233013j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/2.8, 1/200, ISO200)
f:id:AliceSheila:20160605233014j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/4, 1/125, ISO200)
f:id:AliceSheila:20160605233015j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/5.6, 1/40, ISO200)
f:id:AliceSheila:20160605233016j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/8, 1/20, ISO200)
f:id:AliceSheila:20160605233017j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/11, 1/13, ISO200)
f:id:AliceSheila:20160605233018j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/16, 1/5, ISO200)
 
絞るととてもシャープに写りますね。
こんなテストをするときに三脚を使わずに行うのはダメだとは思うのですが、手振れ補正のおかげで割と安定して撮れるのが実に素晴らしい。

f:id:AliceSheila:20160606000620j:plain:w500 
キレイな円形ボケ。空のグラデーションもキレイに写っています。時刻は19時27分だったらしいですよ。
 
f:id:AliceSheila:20160606000622j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/---, 1/200, ISO800)
f:id:AliceSheila:20160606000623j:plain:w500
(α7ii, Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N, f/---, 1/20, ISO800)

周辺光量落ちはしっかりありますが、いかにもカメラで撮った!って感じになるので個人的には気になりません。
むしろ開放で撮るとボケの美しさと合焦面の差が際立ってとても好みの描写になります。
絞ると周辺光量落ちはなくなります。大体f/4あたりで気にならなくなるでしょうか。

あとは稚拙ですが、わたしのスナップ写真の作例でも適当にぺたぺた。
f:id:AliceSheila:20160606000621j:plain:w500
f:id:AliceSheila:20160606000625j:plain:w500
f:id:AliceSheila:20160606000624j:plain:w500
f:id:AliceSheila:20160606000626j:plain:w500
f:id:AliceSheila:20160606000627j:plain:w500
 

感想

なんというか、空気感を写すというのでしょうか、まるでその場で見たものをそのまま切り取るような形で撮れるような描写が素晴らしいですね。
あとは開放付近の柔らかい描写が非常に素晴らしい。
唯さんの1枚目の写真は右目にピントを合わせ開放で撮りましたが、ピントのピーク部分はしっかりとはっきり写り、それ以外の部分は非常に柔らかい描写となっています。
このあたりがボケがはっきりと見える要因でしょうか。
 
そんなわけでVoigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII Nでした。このレンズ使ってフィルムカメラで撮りたいですね。今度やってみよー!