読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It is no use crying over spilt milk.

ドールとか写真とかツーリングとか雑多

僕の妹は漢字が読める

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

発売した時に一部で評判になったラノベですね。
大筋は漢字がなくなり、萌え文化が行きすぎて日本文学の中心になってしまった23世紀の日本で、作家志望の主人公と漢字が読める義妹二人と日本文学の重鎮(義妹萌えな変態)がどたばたする…のが序盤ですね。そこから突然萌えがまだマイナーな201X年に飛ばされて萌えを広げようと頑張るあたりからようやくストーリーが始まる感じです。
23世紀の文学がかなり変態的な設定なのが非常に面白いですね。ぱんちら一つに文学的な要素を見出だされても…という感じですね。
あとは文芸部の部長に主人公の文芸論(?)を語るシーンが非常に良かった。読んでて気持ち良かったです。
全体的に色々未解決な問題が多く、かなり中途半端なところが多いのがダメな感じですが、最初にこれは23世紀の書物を21世紀の方に読めるように翻訳した、とあるので23世紀では途中投げっぱでもいいのでしょう。…ホントに良いのか…?
 
書き忘れてたので追記
「マシュマロみたいな肌をしたミルちゃんが、マシュマロを食べる。共食いみたいで興奮するねえ」
オオダワラ先生のこのセリフが一番のお気に入りです。変態的すぐる。